〇不動産の名義変更の事なら不動産名義変更相談センターへお任せください

お電話でのお問合せはこちら
0743-20-0801
受付時間
8:30~20:00
土日祝日も事前予約
営業いたしております。 

お問合せは24時間お気軽に!

相続登記の義務化は既に始まっています

皆さん、最近相続登記の義務化されるというニューズを目にされた方も多いと思います。内容は、相続開始し相続不動産を取得したことを知った日から3年以内に相続登記を申請しなければならないというものです。義務化は令和6年4月1日(施行日)からスタートするため

 「既に相続が発生しているから関係ない。」

と思っていませんか?その考えは誤りです。何故なら

  〇施行日前(既発生)の相続も義務化の対象となる。

からです。これから施行日前までに発生はおろか、平成時代はもちろん昭和時代に発生した相続も対象となります。つまり既に発生している相続も義務化の対象から免れることは出来ません。施行日前に発生した相続は施行日から3年(令和9年3月31日まで)を経過するまでに相続登記をしなければなりません。つまり

       〇相続登記の義務化は既に始まっている。

ということになります。相続登記の義務化の対象外と勘違いして、相続登記をしないままにしておくと、期限を過ぎてしまう事になりますのでお気を付けください。

 

自分は相続しないから関係ないと思っていませんか

「自分は相続しないから義務化は関係ない」

と思っていませんか?その考えも誤りです。何故なら条文上は

  〇未分割前は、相続人全員が対象となる。

からです。つまり、自分は実際に相続するつもりがない放棄するつもりだと思っている人も対象となります。従って、相続するつもりがないなら

       〇実際に相続する人に名義変更を促す

ことが必要となります。相続登記の義務化の対象外と勘違いして、何もしないでいると期限を過ぎてしまいますのでお気を付けください。

 

義務化の起算点はいつ?

相続登記は「自己のために相続の開始があったことを知り、かつ当該所有権を取得した
ことを知った日(以下「相続等を知った日」とします)から3年以内にしなければなら
ないとされており、相続開始日ではありません。このことから「3年以内に相続登記を
申請しなくても、知らなかったと主張すれば良いんじゃない。」
と考えた方もおられる
と思います。しかし、この考え方は危険です。
「相続等を知った日」は、相続人の主
観ではなく、客観的に判断されます。つまり相続人が知らなくても、通常ならば相続
開始日に知ることが出来る状態ならば、
「相続等を知った日」は相続開始日と判断され
ます。例えば、良好な親子関係を築いていた場合、親が亡くなったこと及び親の財産を
相続する立
場となったことは死亡日(相続開始日)に知るのが通常ですので、「相続等
を知った日」は「相続開始日」と判断されます。
「相続等を知った日」が「相続開始日」
と異なると認められるためには、以下のような事情等が必要と考えられます。

   〇先順位の相続人が相続放棄したため、相続人となった場合
     →(例)被相続人の子が相続放棄したため、兄弟姉妹が相続人となった場合
   〇被相続人と絶縁状態にある場合
     →(例)幼少期に親が離婚し、離婚してから、親(被相続人)と交流がなか
       った場合
   〇当該不動産が遠方にあり、相続人が所有権を取得したと認識できない場合

 

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0743-20-0801

お気軽にお問合せ・ご相談ください。